interview1

わたしの仕事

求職者と全研本社とのご縁を結ぶ架け橋として、新卒、アルバイト、中途の求人原稿作成、イベント出展、応募者対応を行っています。当社に興味を持ってくださったみなさまと最初に接点を持ち、会社の窓口として魅力をお伝えしていくために、たくさんの方々とコミュニケーションをとる機会をいただいております。
当社を多くの方々に知っていただく為にはどうしたらいいか、会社について理解を深めていただくためにはどうしたらいいか、選考時に応募者の方のニーズを引き出したり、不安を解消したりするのも私たちの役目です。
仕事で何よりも大切にしているのは笑顔、そしてごまかさないことです。
笑顔でなければ相手に寄り添えないし、心を近づけることも出来ません。そして、皆さんにもきちんと向き合ってほしいので、ごまかさないということを心掛けています。

仕事のやりがい

何よりも、求職者の方とのご縁をうまくつなげられた瞬間にやりがいを感じます。
ご応募をいただいた場合、まず、各事業部の採用担当者に書類選考を依頼します。その際、その書類から読み取れる情報だけでなく、実際にメールやお電話でやりとりした時の印象なども添えるようにしています。そうすると、例え書類の上ではスキルが応募資格に届かなさそうな場合でも、「社風が合いそう」「入社後もがんばっていただけそう」と、面接選考にステップが進むことがあります。
そうしたチャンスを活かしていただき、無事に採用された方から「橋本さんで良かった」とおっしゃっていただけたとき、窓口で良かった!と心から思います。

interview2

interview3

入社してから訪れた最大の転機

一番は、忘れもしない入社当時の出来事です。入社して2か月で、ある重大なミスをやらかし、会社への多大な損失とクライアントのみなさまへご迷惑をお掛けしてしまった事があります。私の人生の中でも一番の失敗です。
クビ覚悟でしたが、それどころか私のために上司や役職者自ら動いてくださり、誰も私を責めず、チーム全員が私以上に行動してくださいました。そんな先輩たちの背中に魅せられ、心から感動し、感謝し、「会社の為に全力を尽くして返したい。絶対に辞めるわけにはいかない」と思ったのを覚えています。

5年後、どうなりたいか

私が入社してからもドンドン社員が増え続け、部署が成長し、新たなサービスを生み出し続けています。あと5年もしたら、本社ビルに収まりきらないくらい社員が増えているのではないでしょうか。
時代のニーズに合わせ、サービスも働き方も柔軟に対応していけるのが当社の素晴らしい所ですので、今と変わらないチャレンジを続け、革新的なサービスを生み出し続けていると思います。そのころには、私も
ママさん社員の一員として、人事として、女性が働きやすい会社を体現していたいですね(笑)。

interview4""

Schedule of the day

schedule1

clock1

・・・・・・・・・・・・・・・

10:00 朝礼

人事は、毎朝各部署の朝礼に参加し、チームの最近の動きや情報共有などを把握します。場合によっては、朝礼でイベントや勉強会の告知を行うことも。

・・・・・・・・・・・・・・

clock2

10:30 採用業務

応募者の選考対応がある場合は、会社説明や面接等を行います。いろいろな人とお話が出来るので、楽しい!

schedule2

schedule3

clock3

・・・・・・・・・・・・・・・

13:00 ランチ

デスクで情報収集しながら食べたり、外にでたり、気分によってまちまちです。定期的に辛いものや油そばが食べたくなります(笑)。

・・・・・・・・・・・・・・

clock4

15:00 社内ミーティング

人事内での報告会や、求人掲載のための打ち合わせなどは、午後のこの時間が多いです。会社の魅力を最大限にお伝えするためにキャッチコピーや文章を考えます。

schedule4

schedule5

clock5

・・・・・・・・・・・・・・・

20:00 帰宅

翌日の選考やイベントの調整、準備などを行い、帰宅。おつかれさまでした~!

就寝

Career

  • 2012

    4月入社。コンテンツマーケティング事業部(当時はプロモーションプランニング部)に配属。現在のCSセクションの先駆けとなる営業サポートを中心に担当。年末に新人賞を受賞しました。

  • 2015

    1月 人事部に異動。主に採用業務に関わり、新卒・中途・アルバイトの選考に関わりました。6月、納会のムービーにて主演「あいあい」を務めさせていただきましたが、大根役者ぶりが悔やまれます……。

  • 2016

    12月に本部MVPを受賞&昇進しました。全研本社には、上司のM課長をはじめ、あこがれる役職者がたくさんいますが、私も早く「この人の元で成長したい」と思っていただけるような役職者になりたいです。

Message

message

Message

皆さんがどんな未来を描いているか。どんな社会人になりたいか。人それぞれだと思います。
ですが、忘れないで欲しいのは、あなたが将来への熱意をちゃんと持っているかということです。その熱意は、どんな時も必ずあなたを励まし、そして同じ熱意を持った仲間は必ずあなたを助けてくれます。
そんな環境を、ぜひ切り拓いていってください。

※このコンテンツは、2017年7月時点の情報をもとに作られました。

Other interviews