interview1

わたしの仕事

肩書としては、株式会社サイシードの社長と、全研本社の取締役です。
仕事を具体的に言うのは難しいのですが、営業・戦略・財務・コスト削減・採用まで、そのときどきで重要だと判断した事に時間を使っています。特に誰かから具体的な指示を受けるわけではないので、自分が携わっている2社(サイシード、全研本社)の事業価値が最も効率的に高まるには何をなすべきかを、毎日問い、実行しています。
現在の仕事で喜びを感じるのは、困難な課題に対して、仲間とともに挑戦しつづける事で成長を実感出来るというアスリート的な喜びが最も大きいですね。挑戦することもベンチャービジネスからベンチャー投資、事業改革までと多岐に渡り、自分がグループにとって価値があると思い、発案すればすぐに始めることが出来る立場と環境を与えていただいているので、成長を感じないという倦怠感も全くありません。

なぜ全研本社へ

学生の頃から「企業変革のプロフェッショナル」になりたいと思っていました。ファーストステップとしてマッキンゼーに入社しましたが、全研本社の林社長から、かねがね自分が挑戦したいと思っていたことに取り組む機会を提示していただいたので、飛び込んだ形です。
サイシード創業、またその後全研本社取締役と、この2年では濃密な経験をすることが出来ました。かなり負荷がかかっていた時期はありましたが(笑)今ではジョインしてくれた仲間たちと日々楽しんで仕事をしています。

interview2

interview3

仕事に対するポリシー

たくさんありますが、特に最近強く意識していることは、成長市場における事業では他社のマネをしては競合に大きく引き離されてしまうので、ユーザー、クライアントのニーズに敏感になり競合はまだ気づいていない方針を考案し続けること。また一緒に仕事をしている仲間が興奮し前を向いて戦い続けられるようなビジョンと環境を用意し続けることです。
仕事に関して、何かひとつの事件で劇的に価値観が変わるような経験は、今のところありません。毎日少しずつアップデートを繰り返している感じ。ただこれまでの道のりを振り返ってみると、サイシードを創業した2年前はまだまだ経営者として青かったな~と思います。日々一歩ずつ歩いてきた結果、いつのまにか遠くまできた、という感慨があります。

5年後、どうなりたいか

サイシードについては、日本語会話向けAIマーケットにおいては揺るぎない日本No.1でありたい。採用市場においては大学・自治体と深く繋がり独自の価値を提供する事業にしたい。全研本社は総合商社のように事業会社と投資会社両方の力を持つような会社にし、グローバル展開を狙っていきたい。と、思っています。

interview4

Schedule of the day

schedule1

clock1

・・・・・・・・・・・・・・・

5:00 起床

思考力を使う仕事は、なるべく朝行うようにしているので、午前中はメール対応などよりも思考を必要とする仕事を中心に。アポも重要なもの以外は入れません。

・・・・・・・・・・・・・・

clock2

11:00 昼食

朝が早いので、昼食も早めです。時間を使いたくないので、一人で15分ほどで食べる日がほとんど。この日は某ファストフードの牛丼でした(笑)。

schedule2

schedule3

clock3

・・・・・・・・・・・・・・・

12:00 外出

日によって、取り組んでいる仕事はさまざまですが、商談や打ち合わせで外出することもあります。

・・・・・・・・・・・・・・

clock4

21:00 帰宅

家では読書や料理、楽器の演奏など。次の日にストレスを残さないようにしています。頭を休めるために、スマホもなるべく電源オフ。

schedule4

schedule5

clock5

・・・・・・・・・・・・・・・

23:00 就寝

パフォーマンスを安定させるために、なるべく決まった時間に寝るようにしています。

就寝

Career

  • 2015

    4月、株式会社サイシード創業。代表取締役に就任しました。

  • 2016

    7月、株式会社サイシードが全研グループに。同時に、全研本社の取締役に就任しました。

  • 2017

    4月、LINE公式パートナーとして、AIとLINEカスタマーコネクトによる自動応答サービス「AI Chat Supporter」の提供を開始しました。

Message

message

Message

学生時代を振り返ると学部時代はゆっくり過ごしていましたが大学院になると研究に加え起業もしてしまったので休む暇もなく仕事していた記憶があります。このときに「ビジネス」というものの面白さを知り、のめり込んでいきました。
学生のみなさんにも、ご自身が心から興奮するものに早めに出会い、共鳴できる仲間とともに、それを追求できる喜びを味わってほしいですし、それらを実現できる会社選びをしてほしいです。
一緒に仕事をしたい人は共に前を向いて熱狂しながら楽しく仕事が続けられるような人。「このサービスが世の中にはあるべき」という使命感を持ちながら困難に挑む喜びを味わって欲しいと思います。

※このコンテンツは、2017年7月時点の情報をもとに作られました。

Other interviews