Career path 09

留学経験と営業経験、両方活かせて
さらに向上心をも満たせる職場です。

コンサルティング営業 
星野 光司
コーポレート事業部 係長
2012年入社

入社までの経歴

大阪府生まれ。2004年に新卒で通信機器販売会社に入社。3年間、法人営業の経験を積んだ後、学生の頃からの夢を叶えるためオーストラリアへ留学。帰国後、大手予備校の運営に携わり50人程度のアルバイトのマネジメントを経験するなどしたのち、2012年に営業経験と留学経験を両方活かせるリンゲージ株式会社(現全研本社)に入社。

星野 光司01

Career up story

キャリアアップストーリー

2012年6月(30歳)

入社6ヶ月目に、新規で初受注。

ホッとしました

初受注までが長くて、しんどかったですね。一日何十件かけても、企業の担当者にすらつながらないという日々で、焦っていました。ただ、入社早々既存のお客様を引き継いでいたので全く売り上げゼロという事ではなかったですし、上司や先輩が温かく見守ってくれるので、精神的に追い込まれる要素がなかったのはありがたかったです。

たまたま当時の上司たちが優しかったというよりは、元々リンゲージの社風がそうなんです。個人の営業スタイルを尊重してくれるというか。

星野 光司02

2012年10月(31歳)

オンラインビジネス英会話事業(現リンゲージスピーク事業部)の立ち上げに参加。営業活動のかたわら、約1年間かけて商品企画に携わる。

新規事業への抜擢

白羽の矢が立ったというよりは、当時まだ入社10ヶ月で周りと比べて一番仕事が少なかったからアサインされたんだと、自分では思っています。営業と並行しながら企画を立てたり他社研究をしたりと、密度の濃い日々でした。時には意見の食い違う上司とケンカ……いや、討論したことも懐かしいです(苦笑)。

いろいろな事を乗り越えて、無事に事業化されたときは、やはり達成感がありました。

星野 光司03

2015年12月(34歳)

初めて営業成績でトップに。以降、現在まで成績上位をキープし続け、名実ともに営業のエースに成長。

嬉しかったです!

初めて売上トップになった瞬間は、単純にとても嬉しかったですね。お客様から大きな受注をいくつか頂けたのが重なりました。それまで自信がなかったという訳でもないですが、やはり営業ですから、売る事でこそ存在価値を高められますし、お客様が増えれば増えるほど新しい世界を知る事も出来ます。

仕事がどんどん面白くなって、良いサイクルが回り始めたなと感じた一件です。

星野 光司04

2017年9月(36歳)

数年前に競合他社とのコンペで敗れていた案件で、受注を勝ち取る。

商品力の強さを再認識

元々、東京エリアでは長年お取引していたお客様なのですが、別のエリアの研修は数年前に他社に負けてしまっていました。ただその後も、先方のご担当者と良い信頼関係を作って再アタックの機会をうかがって……その間、東京エリアでずっと成果を出し続けていたことが功を奏して、今回、お声がけいただき、受注に。

成果を出せていなければ再びチャンスを頂く事もなかったと思うので、改めてリンゲージのサービスの素晴らしさを実感しました。

星野 光司05

現在(36歳)

最近は「人に仕事を教える」難しさと面白さを感じています。リンゲージではつい最近まで、営業経験者を採用してきていた事もあって、未経験の方をイチから育てる文化そのものがありませんでした。ごく最近になって、営業未経験の後輩たちが入社してきて指導する立場になり、日々試行錯誤しています。役職を頂いた以上、自分だけが売れればいいという段階は終わりましたから、乗り越えていきたい課題ですね。

星野 光司メッセージ

Message

私たちがご提案している語学研修は、業種を問わずさまざまな企業に実施していただいていますので、異業種の方とお話しする機会も多く、とても勉強になりますし良い経験になります。また、私が所属しているコーポレート事業部は海外経験があるスタッフが多く、とても個性豊かで楽しい職場です。
向上心があって真摯に仕事に取り組める人であれば、この環境を心から楽しんでいただけると思いますし、私自身そういった方と一緒に働きたいです。お会いできることを楽しみにしております。

※このコンテンツは、2017年10月時点の情報をもとに作られました。

Other interviews