Career path 04

コスメニストを
世界的メディアにして
全研本社を有名にする。

クリエイティブディレクター
 田中 絵里香
WEBソリューション事業部 係長
2011年入社

入社までの経歴

大阪府生まれ。一児の母。2008年、人材採用コンサルティング事業の株式会社ワイキューブに新卒入社。制作部で求人広告のライティングや採用パンフレット等のディレクションを経験後、WEB制作会社に転職。WEB編集者としてSEOライティングを習得。多数のWEBサイト制作を手掛けたのち、2011年に全研本社へ入社。

田中 絵里香01

Career up story

キャリアアップストーリー

2011年6月(26歳)

クライアント向けのプロモーションサイトの制作チームに配属される。前職でつちかったWEB編集の経験を活かして、入社当初からエース級の活躍を見せる。

全研大好き!のキッカケ

入社した当時は「一匹オオカミな私、かっこいい」と思い込んでいました(苦笑)。でも、ある日私がトラブルを起こしてサイトの公開が危うい事態になった時、周りの上司や同僚が全力で助けてくれたんです。なんて器の広い人たちなんだろう、それに比べて私は……それまでの態度を猛省しました。

それと同時に、こんな素敵な人たちがいる全研本社を大好きになったんです。

田中 絵里香02

2012年12月(27歳)

クライアントワーク以外に動画、自社採用サイト、採用パンフレット等、あらゆる制作物のディレクションを担当した功績により、準MVP受賞。

くるもの拒まず!

とにかく打席に立ちまくろうと思っていた時期ですね。元々仕事は好きで、あればあるほどアドレナリンが出るタイプなので、全研の中で一番になろうと。実際、一番たくさん制作していたから「こんなに頑張ったからMVP取れるやろ」と高をくくっていたら、準!!……

今思えば、当時の私には「会社にどれだけ貢献できたか」という視点がなかったんですよね(笑)。

田中 絵里香03

2014年4月(29歳)

出産後、人事広報として時短勤務で復帰。採用サイトや各種求人ツールの制作、動画制作、社内活性化イベントとしてデザインアワードを開催するなど、バイタリティあふれる活躍を見せる。

実はしんどい時期でした(笑)

「全研本社を有名にしたい!」と社長に直談判して人事広報にしていただいたんですが、どうすれば世の中に全研本社のことを知ってもらえるだろう、どうしたら全研社員に会社のことを好きになってもらえるだろう、とにかくそればかり考えていました。

様々なことに挑戦もしてみたけれど、何をしても確かな手ごたえを感じられず、焦る日々で……。

田中 絵里香04

2016年2月(31歳)

化粧品の口コミサイト『コスメニスト』第3期立ち上げメンバーに。また、翌年9月に黒田次長が『コスメニスト』にジョインした事で、メディアづくりとチームビルディングをイチから教わる機会を得る。

マネジメント一年生

人事広報では自分の無力さを感じていましたが、全研を有名にしたいという気持ちは変わらずにあったので、違うアプローチを考え抜いた結果、『コスメニスト』を成功させて、全研本社を有名にする!という新たな目標を見つけました。黒田次長と出会ってからは、目からうろこの日々!

メディア事業は、これまで私がしてきたような個人プレーではなく、チームプレーの戦いが必要だと気づきました。

田中 絵里香05

現在(33歳)

チームプレーでの戦い方に開眼した私は、それまで苦手意識が強かった『マネジメント』に少しずつ向き合い始めました。約1年がかりで取り組んできたコスメニストの大工事が完了し、2017年7月にリニューアル版が公開!(そして私も係長に昇進!)やっとスタートラインに立てました。ここからが本当の勝負です。コスメニストを絶対に成功させ、チームみんなの力で必ずや世界的なメディアにします。

田中 絵里香メッセージ

Message

全研本社には『なんでもできる、なんにでもなれる』という採用コピーがありますが、まさにこの言葉のとおりだと思います。自ら積極的に望み、努力を惜しまない人には、無限大の可能性が広がっている会社です。社員の挑戦を心から応援し、その機会を与えてくれ、本気で叱咤激励してくれる上司がいます。
人生の多くの時間を費やすからこそ、とことんやりがいがある仕事と、ポジティブで成長できる環境に身をおきたいと考えている私ですが、全研本社ではそのどちらも叶っています。周りの中途社員たちも、『他にもいろんな会社を経験してきたけれど、全研が一番いい』と言う人は多いです。面接に来て、その目でその理由を確かめてみてください!

※このコンテンツは、2017年10月時点の情報をもとに作られました。

Other interviews